季節の便り

牛ノ寝通りを歩いて来ました。

2005年7月12日

牛ノ寝通りを歩いて来ました。

7/11牛ノ寝通りを歩いて来ました。
雨降る道も楽しいのですが、今回は写真を撮りながらの目的のために空模様を見て歩きました。

5:00、山小屋を出発し大菩薩嶺を越え大菩薩峠~熊沢山~石丸峠とすぎ牛ノ寝分岐で朝食を取り腹ごしらえをしました。
空は曇り空でしたがここまで富士山は見えていました。

登山者の皆さんに「牛ノ寝通りは新緑と秋は素晴らしいですよ」と答えているのですが、その時期に歩いたのはだいぶ前でしたので今回、新緑の季節(といってももう夏ですが)の新しい情報をと思ったのです。

南部牛追い唄でも歌いながら歩けたらいいと思うのですが、森の動物たちも逃げ出す私の唄ですのでつぶやくように、、、、大木のブナから下るに従いナラになり植生も変化していきます。
途中に滝子山が遠くに見えていました。
深呼吸し、キョロキョロと目を動かしデジカメのシャッターを切りながら歩きました。
棚倉で一息入れていますと、キノコ取りの方が一人登って来ました。
その後下る途中で一人登って行きました。

昨年の冬にこの道を歩いたときは木々の葉はおちて遠くの山も見えていましたが今は葉がいっぱいついていました。
小さな空間を見つけて大菩薩嶺をパチリとシャッターを切りました。

ひさし振りに見た植物もあり楽しい歩きも檜林をすぎて11:30に小菅の湯着きました。
バスの時間を確認しゆったりと小菅の湯に浸かりました。
途中の風景、鳥たちのさえずり、炭窯のあとなどの事を思い出しながらのんびりしました。

小菅の湯~奥多摩駅~立川駅と進み立川にて知人の皆さんとの楽しい交流会。

特急かいじにて自宅に帰って来ました。

今、それぞれの登山道の道々を写真に納めています。
お泊まりの皆さんのご希望によりお見せしようと考えています。