季節の便り

廻るカンザシ

2004年4月28日

昨日の春の嵐で被害を受けた地方がありましたが、当地は風が強かった程度でした。

心地よい春の風は心まで楽しくさせます。
そんな風に「廻るカンザシ」を作って見ました。

先日の土曜日、「廻るカンザシ二本ほしいのだけど」、、、、中年の男性でした。HPを見ていただいている方か?前に見て今度通った時にでも。、、なのか?
この時、食事づくりとコーヒーを入れていました。

「値段によっては買わない」という様子ではないので、値段を話すと「お金ここに置きます」の声に「まだ、試作中で安めにしたが、もっと高くとも良かったかな?」と一瞬思ったりして、、手が空き、ガラスケースを開けて二本を選んでいただきました。
取り扱いの注意を話し、プチプチビニールで壊れないようにくるむ様に渡しました。裂石へ下って行きました。

泊まりの方が「自分で使うのでないと思うが、誰にあげるのかな?もしかしてお坊さんかな?」、、、風車は木目を考えて彫らないと完成まで至りません。
一刀一刀に神経を使います。

手にした方、いい風を受けて良いことありますように。

*****************************
橋本さんのCD発売記念キャンペーンにはぜひ、お出かけ下さい!