季節の便り

裂石にてウグイスの初音を聞く

2006年3月27日

裂石にてウグイスの初音を聞く

今日の早朝、裂石(大菩薩登山口)でウグイスの初音を聞きました。
来週には峠で聞く事が出来ると思います。山小屋の水たまりの氷の張り方も真冬と違って来ました。
登山道でシカの抜け毛が見かける様にもなり、テンの白い顔も徐々に黒くなる頃です。先日は夕方よりフクロウが鳴いていました。
峠でウグイスが鳴きますと、いよいよ荷揚げの仕事が始まります。
凍る事が少なくなりますのでいろいろと考えて荷揚げします。

荷揚げ前に何度か低山歩きをしようと考えていましたのに、未だ実行出来ずその前にウグイスが峠で鳴き始めるようです。
「一回くらいは時間を見つけて登ったらどうですか?お腹出て来たようだし」と今朝のウグイスがけしかけている様でした。
よし。あの尾根からのコースを登ってみようかと思いました。
写真は峠の春が近い頃の氷の張り方です。