季節の便り

ハシリドコが遅れて咲き始めました。

2006年4月24日

ハシリドコが遅れて咲き始めました。

4/23は雨降り予報が外れて曇り空の一日でした。

こちらの都合で進めると、雨降りがあって暖かい日差しが出てくれますと山小屋で過ごすわたしにとっていろんな事で大変都合が良いのです。
雨も今週当たり夜に2~3回、昼間の1回は許しますが、、、とはいかないですね。
今頃にバイカオウレン。ヒメイチゲが一輪、二輪と咲いているのですが、今までにない春先の天候です。

いつものところでハシリドコロがやっと咲き始めました。(写真)

先日、荷揚げの途中で二人の若い女性が下って来ました。
大菩薩嶺まで行かずにUターンして来たそうです。会話の中で私が今かんざしを彫っている中で髪のデーターを集めている事を話ましたら、快く協力して頂きました。
男性も極端に差があるのですが、女性の方も大きな差があるのに驚いています。
突然のお願いにご協力ありがとうございました。この時は時間が時間でしたから時間的な余裕がなく別れましたが、峠を通りましたら声をかけて下さいね。

それと、もう一つの事でした。
山小屋でコーヒーを飲んでいただいた方との会話。
「滝子山に登ったんですね」からおしゃべりが始まりました。
(いつも丸川荘HPをご覧になっている方なんです)
その方は年に何回も滝子山に登るそうです。先日、私が登った寂悄尾根をいつも登るそうです。
この尾根が好きな人がいる事を知ってこちらがうれしくなりました。
「あの尾根は一人かせいぜい5~6人で登るのがいいよ」などのその他の共通点がありました。
季節ごとの素晴らしさがあると話されて、私も行こうかな?と思ったのですが、、、たのしいおしゃべりでした。

峠ではテンがなんかわからないのですが、いつもの年より忙しそうに走り廻っています。足音が夜の峠に響きます。