季節の便り

テン、夏毛の始まり

2006年4月26日

テン、夏毛の始まり

昨日の朝、雪が少し舞ってその夜はしんしんと冷えました。
今日は風が冷たく吹いていました。そんな朝、丸川峠分岐からの急坂を自転車を担ぎ登って来た男性が一人「また、来ました。コーヒー飲めますか?」と言いながら入って来ました。
前回はまだ雪のある頃、やはり急坂を自転車を担ぎ登って来ました。
この時はUターンしもどって行きました。
コーヒー飲みながら、その時の事等おしゃべりし「いける所まで行って無理なら戻ります」と嶺を目指し自転車を担ぎ登って行きました。
「無理しないで」と言いながら見送りをしました。
戻って来ませんので、大菩薩峠を通過し計画通りに歩いた?走った?のでしょう。

昨夜は久しぶりにテンの写真を撮りました。
考えていたより早く来ましたので、カメラを急いでセットしました。
テンは周りを警戒する様子もなく山小屋の周りを走り回っていました。やがて舞台に上がってポーズを取り「ちゃんときれいに撮ってよ」と、、、テンの目と鼻の周りが少し黒くなり始めて、冬毛から夏毛になる準備が始まった様です。
テンの観察はしばらくの期間は出来る事でしょう。

テンが急に一方向をめがけ走って行きました。