季節の便り

レイジンソウ

2006年9月10日

レイジンソウ

「里は暑い一日だろうなあ!」と峠で思う様な日差しでした。
それでも、富士山は夕暮れになっても見えていました。

先週のコンサートの時に峠を飛んでいたいっぱいのトンボは里におりてしまったのでしょうか?
峠のススキが穂をひろげ風に揺らいでいます。
レイジンソウがシカの攻撃にも負けず、二番手が満開になっています。
シカに見つけられないところでキツリフネがさいています。
メタカラコウは今年は休みと決めたらしく、小さな葉を出しただけです。
峠に咲く花をスケッチをしながら、形が良く出来ている物だと感心しています。

ミヨウガの花を眺めながら、良くできている事と奇麗な花と思いました。
皆様はミヨウガの花見た事ありますか?奇麗ですよ。
お吸い物に一つ、二つ、いい感じです。

花の形を参考に髪飾り、かんざしを彫ってみるのですが、、、形にすると大変です。
先日、泊まりの方に協力して頂き、自分が考えた髪飾りを初めて試して見ました。結果はまだまだ研究の余地が大いにありでした、また、ある方からヒントで彫った方は使えると結論が出ました。
試す事は中々なくて、この時にご協力頂いた方には感謝しました。
会話の中からいろいろのヒントを貰い考えながら彫り進めています。
果たして、ヒット商品になるでしょうか?