季節の便り

帯留め

2007年2月25日

帯留め

峠は暖かな日差しでした。丸川峠~丸川峠分岐までちょっとだけ凍っているところが一カ所だけであとは雪もない登山道になっています。
大菩薩嶺から丸川峠までは北斜面のためにまだ雪がありますが、「アイゼンをつけなくとも下りて来れましたよ。まあ、人によっては必要かも知れませんね」と話して行く登山者もいます。
まだまだ雪が降る季節ですが、今後の雪と寒さは?に予測も出来ません。

貝(アワビ)の輝きを利用して帯留めを作ってみました。貝を薄くスライスするのは図書館で調べた範囲では分かりませんでした。
薄くしたものは通販でてにはいるのですが、、、それを使わず手間かけてヤスリで細工し木にはめ込みました。
角度を変えて見ると輝きが出て、如何してこの様なのが出来るのだろうかと不思議に思いました。
貝の美しさを見つけていろいろと工夫を凝らし応用し手間のかかる細工をした昔の人はすごいものと思いました。
今は、通販で花びらなどの型抜きしたものや、シート状になった薄い貝や螺鈿セットがてに入るようになっているのは驚きです。