季節の便り

シカの抜け毛

2007年3月4日

シカの抜け毛

いつもなら峠では真冬の最中であるのに、記録的な暖冬は昨夜の月夜に寒さを感じませんでした。
寒さのない月夜にテンもなんかのんびりしているようです。まわりに他のテンが居なかったせいもあったと思うのですが。
このままだと、峠に咲く花々のことが気になります。峠には雪がありませんね。

そんな事考えながら、峠を歩いていますとシカの抜け毛を見つけました。(写真がそれです)この時期に早くも見つけた事も暖冬との関係なのでしょう。冬毛から夏毛に生え変わりその抜け毛が落ちているのです。
記録帳が手元にないのですが、里から桃の花びらが峠に飛んで来るちっと前にいつもは見つけた様に思います。シカも暖冬で増えるかも知れませんね。
今年から猟期が延長になっていて、防災スピーカーから「有害動物駆除が今月末迄行われますので~ご注意とご協力を~」とシカは耳をしっかり動かして聞いているのでしょうね。

「この様なバターナイフ作れないかしら」と地元の里のBさんからのバターナイフの注文がありました。
昨年、峠で登山者の方が「ペーパーナイフ作れるので、バターナイフ作れるでしょう」に「バターナイフ使う日々でないのでどんな形だったかな?」と答えたら「今度見本か私がデザインしたもの持ってくれば作ってくれますか」と下って行きました。
まだ、連絡はありませんがその方だけの物を作るのは作り手としてはワクワクした気分になりまっていました、そんな時にBさんから偶然にもバターナイフの注文がありました。こだわりのある様で、こちらも研究しなければと思い台所用品コーナーが気になり見ています。

昔は今の様な大量生産しコストを下げる事は余り考えなかったので「こんなの作ってよ」に「わかりやんした、ひとつやってみやしよう」とかの会話があったのでしょうね。
それで、作ったのですが「ここんとこは~こうやって~」と、、、こだわりがある様です。
「わかりやんした~もう一度やってみましょう」と、、、、、、楽しい物作りです。