季節の便り

むむむ!シカたがないかと思っても。

2004年7月5日

むむむ!シカたがないかと思っても。

峠の上空に入道雲が出始めました。
カラツユで終わりそうな感じです。そのせいか梅雨に咲く花は咲かず、草背丈も低いです。
太い茎のコオニユリが花芽をつけて伸びていました。今年は咲いてくれよと話しかけて、シカ対策もしていました。
なのに!むむむ1シカのやつめ!、、、、、、くう~ガクッ
登山道の草刈り作業の留守中に、、、、、、!

対策の方法が甘かったので第2弾を実行中。果たして、、、以前にもシカは峠で見かけましたが、峠の花芽や新芽をめざしていませんでした。
登山者の小便後を掘るようになってから、峠の花芽と新芽を食う様になりました。この関係はつながるっていると思います。
登山者に峠の花畑での小便をしないように注意をしているのですが、なかなか理解していただけないようです。
山岳トイレ関係の取材をしている方でもまだ気が付かないように思われます。

ラジオを聞いていましたら、北岳でシカ、サルを見かけるようになったそうで、高山植物の減少が心配されます。

峠の花たちは休養をとって、どどど~んと咲く時を伺っているのかも、、、、きっと