季節の便り

バターナイフ

2007年4月13日

バターナイフ

先日泊まったAさんとの会話の中で、バターナイフは使う人がどんな容器の物を使っているかによって使いやすい形が変わるんだな~と思いました。
今迄は間に合わせの物を使っていた事とパンにバターを付けての食事はきわめて少ないので、Bさんに「バターナイフ作ってくれない?」までは感心ありませんでしたが、このごろは、店に並べられている食に関する道具に目がいきます。
使う人が一番使いやすい道具(たとえば、バターナイフなど)を作れたら楽しいだろうなあ~と思います。
カリンの木でバターナイフを作ってみました。かたかったけどほのかな香りがしました。(写真)

香りと言えば、この季節には以前は風に乗って甘い香りがしていました。木々からも香りがしていました。たとえれば蜂蜜の様な香りです。
ここしばらく、その香りはしませんね。暖冬とか花粉騒ぎと関係あるのでしょうか?
それと、この季節に素敵な事があります。
それは、里の桃の花びらが風に乗って大菩薩の残雪に舞い降ります。
雪の白にピンクの桃の花びらを見つけてみませんか。

キブシ、アブラチャンが里から咲き始めて、上に登って来ています。