季節の便り

47時間で山林火災鎮火

2007年5月2日

47時間で山林火災鎮火

4/29、勝沼、大滝山からの山林火災は今日の朝、47時間を費やして鎮火しました。
消防団員1人が軽いケガをしました。
火災原因は調査中とラジオのニュース。写真は自衛隊ヘリコプターによる消火活動。
タバコ、コンロの火気使用などにはご注意下さい。

大菩薩嶺から丸川峠に下る登山道はまだ凍結しています。頂上付近なのですが、安全のためアイゼンは持って来て下さい。
問い合わせや丸川荘に泊まる方にはアイゼンの事は必ず話しました。
前半の連休に予約した方には電話連絡をしました。が、、、、1グループに連絡を忘れていまして、下って来るのに「いや!大変でした』と、、、、連絡していたと思っていました。
里は花いっぱいなのに大菩薩の一部はまだアイゼンが必要。短い距離ですが冬山の気分を味わうのは素晴らしいと思いますが、、、、もちろん。きちんと装備を持ってですが。

私が山登りを始めて間もない頃、谷川岳の5月下旬だったと思うのですが、沢には雪と氷。尾根道に入ると赤い花(後でいわかがみと知る)。チョウ、トンボが飛び。セミが鳴き、ヘビが動き回るのを見て山は素晴らしいと感じ山歩きが始まりました。