季節の便り

コンサートの賞品と野菜を背負って

2007年8月12日

コンサートの賞品と野菜を背負って

今朝の峠は、清々しく富士山がクッキリ見えていました。
昼に煎豆屋社長の小田切さんと息子さんが汗をいっぱいかきながら「こんにちわ」といいながら山小屋に入って来ました。
「約束の8/25コンサート用の抽選会の賞品と野菜を息子に背負わせて来ました。」
ザックからテーブルに置かれた心からの贈り物にジーンと胸が熱くなりました。
感謝、感謝でいっぱいです。今回で3回目の賞品提供となります。
「今回は広く楽しんで頂こうと思い、この様な形にしました。楽しんでいただけたらうれしいです」、、、、、偶然にも「煎豆屋さん」の店を通り、美味しいコーヒーと小田切社長さんの人柄にひかれて、もう何年になるでしょうか?
美味しいコーヒー豆に出会って「山小屋でこんなに美味しいコーヒーが飲めるなんて!」と登山者の皆さんの声を聞きますと、ニンマリしてしまいます。
「煎豆屋」さんのHPhttp://www.irimameya.co.jp/

峠のコンサートもあと2週間となりました。早いものです。出演者の皆さんが早々と決まり、のんびりしていたのですが間もなくです。