季節の便り

峠の雲、流れて

2007年8月14日

峠の雲、流れて

峠にある平な岩の上に仰向けになって本当に久しぶりに流れる雲を眺めて見ました。雲は上層部は北東に下層部は南西に流れていました。
ツバメが一羽、急カーブ、急上昇、急下降などを繰り返していましたが姿が見えなくなりました。
間もなく団体をひきつれて来て先ほどの飛行を繰り返していました。今頃の季節になるとやって来るツバメ達です。
先に来て飛んでいた一羽のツバメは偵察鳥なんです。
峠は飛行訓練に適しているんですかね。
南の国にいつ帰るのでしようか?
日中暖まった岩は眠りを誘います。
心地よい風が吹いてきました。