季節の便り

ブナの巨木の登山道

2007年10月31日

ブナの巨木の登山道

街に用事で下った今日、「今年の大菩薩の紅葉はどうですか?」と地元のAさんに声をかけられたので「ことしは峠より、途中の紅葉が奇麗で黄色系の紅葉がいままでになく見事です。森が灯りをともした様ですよ」と答えたら「へえ~黄色系がそんなに奇麗なんですか~見に行きたいですね」と、、、そこで、HPに写真を掲載する事を話しました。

丸川峠から下った途中にあります大菩薩登山道で二番目に太いブナの女王(別名、持丸ブナ)付近で写した風景です。手前の太い木はミズメ(大菩薩登山道で一番太い)で宮様の紋章の木でもあります。
デジカメの画面よりも現場はもっと、もっと素晴らしいです。
相手が自然なので奇麗さがいつまで続くかはわかりませんが、今は素晴らしいです。
この風景を眺めながら、鹿の哀愁を帯びた鳴き声を聞く時に歌読み人になった様な~
~最初がでず、、、続きません。

歌詠みはあきらめ、しばらく眺めていました。
枯れ葉の香りが時々してきました。風が少し吹いていました。