季節の便り

私、今年も咲きましたよ。

2004年8月9日

私、今年も咲きましたよ。

峠を通る登山者の方々が「今年も花がすくないなあ~」と言いながら、私のところを通り過ぎていきます。

でも、私、今年も咲きましたのよ。
もちろん、私たちの仲間は見渡しても、今のところ私だけなの。
やっぱり、さみしいな。
でも、私、咲いたの。

峠のあるじ見たいな人が、ぶつぶつ言って何かを数えていた様なので、私、声をかけたの「何を数えているの」って。
本当は人間に声をかけても聞こえないのだけど、何故かその人は聞こえるのよ。その人の声もわかるの。本当よ。

「ハナノシュルイヲカゾエテイルンダ。ミンナソレゾレニカオヲダシテイルンダケド、ソレゾレノクミハスクナインダ。イマサイテイルカズハ60ヲコエタトコロ。アンタモナカマニコエヲカケテクレヨ」といって行きました。
私、声をかけ続けてみるわ。

話しによると今月の末に峠でコンサートやるんだって楽しみなの。
もちろん今の姿では無理だけど、でも聞けるのよ。(こおにゆりこ)