季節の便り

つながったつらら

2008年2月16日

つながったつらら

峠に強い風が吹いています。
木々の梢を大きく揺らし音を立てていますが、春を感じる風になってきました。
木の芽起こしの風が吹きはじめたのでしようか?
朝の光も早くなり、夕方は日が伸びたと感じます。
山小屋の雪どけ水が雨樋から落ちてつららになっていましたが、ついにつながりました。つららは寒さが続いていたので、透明に近いものになっています。
自然が作った芸術に笑みが出ました。