季節の便り

折れた枝

2008年4月12日

折れた枝

先日の春嵐による水分を多く含んだ雪は、山小屋で過ごして来た中で一番多くの木を倒し、折れたりしました。
雪かきしていても、雪というより水そのものをシャベルに乗せいるようでした。
雪に穴を掘ると、まさに、水色です。
山小屋の周りの木々の枝も今までにない位折れました。
残念な事に見事に花や実を付けるマユミとコナシの枝が折れた事です。
それ以上折れないように、マユミはロープと針金を使い、コナシはカラ松の丸太で支えをしました。
枝が枯れないことを願って。