季節の便り

峠でウグイスの初音

2008年4月16日

峠でウグイスの初音

空模様を見て、昨日と今日ともに午後から山小屋の荷揚げをしました。
今日、峠でウグイスの初音を聞きました。これで、峠に春がやって来ました。
雪もドンドン解けて過日の春嵐の雪があったのかと思います。
それにしても、森の木々があっちこっちで折れているのが目立ちます。
ウグイスはそんな光景を眺めながらどう考えて鳴いているのでしょうか。

登る途中でミソサザイも「春ですよ~春ですよ~」と楽しそうに飛び回っていました。
アブラチャン、キブシ、ハシリドコロ、スミレ。峠分岐近くではキケマンが咲いていました。

それと、登る途中で月が半月になっていたのをみていましたら、月の真ん中を飛行機が通り、飛行機雲が月に線引きをするかの様に挽いていました。
自分と月と飛行機の位置もあるのでしょうが、なんか楽しくなりました。