季節の便り

峠にウサギ来る

2004年9月20日

峠にウサギ来る

夜の山小屋は静かです。

手紙を書いていますと、山小屋の廻りを「トーン、トーン、トーン」と走っている足音が聞こえて来ました。
あの走り方はきっとウサギと思いながら書き続けていましたが、行ったり来たりしているようです。「ネエ、チットデテキマセンカ」と話しかけているようなので外に出て見ました。

カンタンが良い声で鳴いています。

電灯を向けたところにウサギがいて逃げもしないでじっとしていました。
「そうーだ。「山小屋アルバム」のうわさを聞いてデジカメで写して貰いたいので来たのかも、、、と思いデジカメのシャッターを切る。
フラッシュにも驚かずじっとしている。
まだ慣れないらしくポーズを取るまで行かないらしい。

「チャントHPニダシテクダサイヨ」といって闇に消えた。
きっと「アタイモHPニノルノヨウマクウツシテクレタカナオッホホホキンチョウナンカシマセンデシタワヨ」と言ってるかな?