季節の便り

荷揚げの途中で

2008年7月28日

荷揚げの途中で

今朝の上空は晴天を約束した様です。
予報では午後にはにわか雨があるというので、午前中に荷揚げを済ませようと朝食後に峠をめざしました。
歩き始めるに従って、青空に雲が増えて来ました。
木々の間から秩父の山々を見ると、雲が黒くなり始めて来たので急ぐ事にしました。

ブナの女王の根元を見ると、葉っぱがちゃんと出ている小さなブナの苗を見つけました。
種から出たのか、根から出た物かはわかりませんでした、巨木のブナの女王も小さな苗から始まってこんなにも大きくなったんだあ~とあらためて眺めました。

遠くで雷の音。
山小屋まであと3分手前で雷と雨がやって来ました。
山小屋に着き、荷を下ろした途端に待っていた様に強い雷雨!

ラジオから「天気予報が大幅に修正します」と、、、、、