季節の便り

慈雲寺のイトザクラも散って桃の花、大菩薩

2004年4月12日

見事の咲いた慈雲寺のイトザクラの花びらは風に乗ってどこへ旅立ったでしょうか。
その何割かは大菩薩嶺をめざし、まだ残る雪に舞い下りたことでしょう。

境内はあの賑やかさがすぎて、皆様は和やかにまだ咲いているこぶりのサクラを眺めたり、モモの花を眺めたりしていました。

イトザクラの樹形を眺めて見ました。サクラでは県内一の美しさと言われています。美しいと私も思います。

慈雲寺を囲むように桃畑がありますが、この日が満開でした。
桃畑の持ち主の方にキャタツを借りてデジカメのシャッターを切りました。
花の散ったイトザクラ、モモの花、大菩薩嶺を一つの画面にと思ったのですが入りきりませんでしたが、その高さから見た光景はすばらしかったです。

これからモモの花の波は上へと登っていきます。

モモの花、慈雲寺の塀、大菩薩にシャッターを切りました。