季節の便り

透明感のあるカサ雲

2008年12月29日

透明感のあるカサ雲

荷揚げの途中の空は快晴。暖かで汗が流れました。
富士山、南アルプスが木々の間から見えていました。

月曜日ですが、年末の休みに入っているためか何人かの通りがありました。
コーヒーを飲んで楽しいおしゃべりをしていった女性のお二人は、私との交流がある山麓の旅館Uに二泊されるそうで、丸川峠まで登りUターンとのことででした。
峠について、しばらくして後ろを振り返り「わー富士山がでかく見えたのでビックリ!感動!したわ」と話されていました。
そうなんです。丸川峠から富士山が見えることを知らない方が多いのです。

その富士山に目をやりますと、快晴の空なのに富士山にカサ雲がありました。
そのカサ雲はいままでに見た事も無いとても軽そうで、透明感のある雲でしばらく見とれていました。
「天使のカサ雲」の様な感じです。
明日はどんな天候になるのだろうかと思いました。