季節の便り

春一番と82年振りの夏日の山梨県

2009年2月15日

春一番と82年振りの夏日の山梨県

2/14峠の木々の梢が「ゴォーゴォー」と音を出しながら大揺れしていました。
それでも、山小屋で過ごしてこの時季で暖かなのは初めてです。
予報で「春一番が吹くでしょう」が確実に当たった一日でした。
山梨県の南部で25度を越えて、県内でのこの時季では82年振りの記録とラジオで報じていました。

丸川峠の雪はほとんど融けて、真冬を忘れる土~日でした。
暖かくなった分、丸川峠~大菩薩嶺の間はアイゼンが必要です。忘れずに持参下さい。
丸川峠から上や北斜面や日陰には雪がありますが障害にはなりません。

写真は今朝の山小屋から富士山と月です。今年一番暖かな朝でした。
峠でのこの気温は何年振りか調べてみようと思います。

お泊りの方は「朝は寒いですね」と話していました。
私「、、、、、、」
街から登って来た方はやはり冬なんですね。