季節の便り

シカの抜け毛と自然の面白さ始まる

2009年3月29日

シカの抜け毛と自然の面白さ始まる

ラジオのニュースでは高速料金の事で、何とか装置を付けると、、、その装置在庫なし、、、車の交通量、、、と大騒ぎの様です。

峠に日差しが続いたのですが、冷たい風が吹いたためか山小屋の周りに一寸だけうっすらとある雪が融けずじまいの一日となりました。
それでも、日差しがありましたのでフトン干しをしました。

山小屋の周りに例年になく、シカの抜け我が多く落ちています。
猟期が終り、シカが安心して歩けるのを喜んで夜中じゅう走り回っているのかもしれません。
それに、今期冬の例年にないくらいの暖冬と雪が少ないので早々とシカ達が冬毛を脱ぎすてているのかもしれませんね。
登山道でも見かけてますが皆様気がついてみていますか?
そういえば、テンも暗く前から山小屋の周りを走りまわっています。
テンの美しさは冬が一番ですが、これから夏毛に少しずつ変わって行きますが今年は変化が早くなる様です。

里の梅の花が2週間も早くさきはじめたのにはびっくりしました。
山の春の訪れが早くなっている様です。
この時季から自然の動きは日々早くなり、あっという間に木々に青葉が付く事でしょう。
これからの時季が、自然の活動が活発になりこちらもエネルギーを貰い、変化を毎年楽しんで見ています。

皆様もう一段、目を開き観察しながら歩いて見てみませんか。