季節の便り

丸川峠に小便の後が!

2009年6月5日

丸川峠に小便の後が!

国内だけでなく、国外でも温暖化の問題を取り上げています。
さらなる温暖化を止めようといろいろな方法を考えて取り組んでいます。
峠に限らず、それぞれの山域で温暖化による植生の変化や増えすぎたシカなどによって新芽、花、花芽などが食べられています。
それによっては、植物が全滅の所もでてきています。
さらに、樹皮もかじられて木々も枯れているんです。
花も木も年々、食べられる種類が増えて来て、食材の開拓をしている様です。
場所によっては水源地にも悪影響を与えている様です。

峠では大変困った事がおきています。
以前からHPでも何度か取り上げましたが、心ない登山者による小便が花を少なくしています。
それは、小便した後をシカが100%掘り起こすのです。
その大きさは、写真を見て下さい。直径40センチになります。
以前と比べ面積が広くなって来ています。
心ない人も多くなって、掘り起こされるところも増えています。
数が多くなれば、花畑にシカを呼び寄せる事になります。
「塩をほしがってですか?」と考える方が多いのですが、違うのです。
塩だけと塩水で観察したのですが、掘り起こされませんでした。
そこで、人の食生活の変化で小便の質が変化したのではと考えています。
また、人によって、小便の質が違う様で掘り方がそれぞれ違っています。
それらの事を調べれば(樹皮の成分)何らかに対策も考えられのではと思います。

峠は休憩の地点になっていて、くつろいだり、食事したり、昼寝したりするところなのにそこで小便するなんて!
他の山地でもシカによる掘り起こしは起きています。
各山小屋の方々も気がついて来ている様です。

私は、気がついた範囲で注意と理由を話しています。
茎も低い花は登山道の草地に多く咲きます。
とくに、お花畑では小便等しないで下さい。

峠に立つ丸川荘にはトイレはあります。
公衆トイレではありません(大菩薩内でまだ公費でトイレが作られていないところです)
注意書きを良く読んで使って下さい。マナーを守らない方が増えて来ました。

バクテリヤの働きにより分解と無臭化をしています。その高価なバクテリヤ購入のために募金をお願いしています。
時々「え!金取るの。じゃいいです」と、、、学生の方に多い様です。
山小屋には処理車は来ません。車道がないからです。荷物は全て人間が担いで来ます。
車道のない山小屋のトイレはまだまだ理解されていない様です。

小便問題はトイレ問題となります。
近々、峠でトイレ研修会の予定があります。