季節の便り

第6回「峠の風コンサート」その4

2009年9月4日

第6回「峠の風コンサート」その4

今年は昨年より一段と楽しかったです。また、出演者の方々が個性派揃いなので、自分も負けてはいられないと、思わず気合いが入ってしまいました。それにしても不思議なコンサートです。単に音楽を聴いているだけではなく、皆さんが本当に楽しんでいるのがひしひしと伝わって来ました。また来年も参加させて頂けると嬉しいです。(リコーダー清水)

弾いた、唄った、楽しい~(飛入りヴァイオリン高木)

天然でのコンサート。星空?のもと自然に抱かれて、アーチストのすばらしい演奏、もう私、楽しくってすっかり十代の頃に戻った様な。暖かい皆さんに囲まれて楽しいひとときでした。(S)

山の上のコンサート、感動しました。酒をたくさん飲み、大声で気持ちよく唄いました。写真もいっぱいとり一時カメラをなくしたとご迷惑をおかけしました。楽しいひとときでした(S)

ありがとうございました。とても楽しくすごさせていただきました。又、来年も来たいなあ、、と思っています(N)

丸川峠に初めて来ました。霧の中でのコンサート。大きな声で歌い、三味線の新内、ギター、リコーダー、感動いっぱい。只木さんの心、参加した方々の心のふれあいがとても嬉しかったです。ありがとうございました。

初めての参加でした。楽しい時間を参加皆様に感謝します。兄は丸川の小屋番となって来年は30年となります。今迄に感謝!これからも宜しくお願いします(小屋番の弟)