季節の便り

大菩薩トレッキングについて

2010年4月5日

5/18と10/06に行われます大菩薩トレッキングについてのおしらせです。

主催甲州市。甲州市観光協会共催大菩薩観光協会。大菩薩民宿組合

大菩薩トレッキング「新緑編」&「紅葉編」コース案内

新緑編*5月18日(火曜日)紅葉編*10月6日(水曜日)
*コースと内容は「新緑編」と「紅葉編」は同じです。
各コースの見所を簡単に説明をします。なお、各コースは定員制になっています。

(1)大菩薩峠コース
初心者コースでのんびり歩きたい方にお進めします。途中で富士山を望み、中里介山ゆかりの三界庵を右に見て大菩薩峠に立ちますと、雄大な風景に思わず声を出したくなります。
富士山、南アルプス、乗鞍岳、八ヶ岳、奥秩父、奥多摩、そして、、、大菩薩峠では、宝暦5年に彫られたお地蔵さまと中里介山文学碑が皆様を迎え、中里介山作「大菩薩峠」を思い浮かべることでしょう。
各山々や甲府盆地を眺めながらのお弁当は一段とおいしくなることでしょう。
晴れて欲しいトレッキングです。

(2)石丸峠コース
山歩き始めている方向きのコースです。
大菩薩の森を歩き、沢を二度わたり野鳥のさえずりを聞きながら少しの急坂を登り尾根にたどり着きますと雄大な富士山と小金沢蓮嶺の風景が見えてきます。

石丸峠からの展望は絵の様です。南アルプスも見えてますよ。
500円札の裏は富士山の絵ですが、それは雁が腹摺山からの写真を基にしたのです。
その雁が腹摺山も見えています。
石丸峠~熊沢山の斜面からの風景は、新緑も紅葉の時季も素晴らしいです。
熊沢山から大菩薩峠に下る登山道には、小さな白い可憐な花が咲いていることでしょう。
さて?何の花でしょうか。

(3)大菩薩嶺、丸川峠コース
トレッキングに参加された方の希望で新しく出来た健脚コースです。
唐松尾根の急坂を登り、雷岩からの大展望に歓声を上げてさらに登り、大菩薩嶺(2057m)の三角点にタッチし丸川峠へと下ります。
丸川峠までは天然の森となり、木々の間から、秩父連山、武田信玄の隠し金山で有名な鶏冠山の岩壁が見えています。峠近くで地質が花崗岩層に変わってきます。
峠からは富士山、南アルプスの展望。
下山路は急坂となり、右側は広葉樹の天然の森と巨木コースと変化に富んだ尾根路を下ります。
大菩薩登山口から登って、一番先に富士山が見える尾根路です。
このコースは3つの地質を歩きます。*詳しくは「大菩薩観光協会HP」http://www.daibosatsukankokyoukai.net/index.htmlをご覧下さい。(大菩薩観光協会で検索できます)
または、甲州市観光課電話0553-48-2111へお問い合わせ下さい。

大菩薩観光協会HPから引用しました。ぜひご参加下さい。