季節の便り

バイカオウレン花開く

2010年4月26日

バイカオウレン花開く

ここのところ、朝晩の冷たい風で土が凍っています。
例年ですと、峠近くの岩塊斜面の岩の中から氷が融けて流れる音が心地良く聞こえるのですが、まだ聞こえません。
それで、いつも今頃咲く花もまだだろうと思っていたら、お泊りの方に「この花なんですか?」とデジカメ画像を私の前に、、、「バイカオウレン」でした。
後で見に行きますと、雪のそばで咲いていたんです。
同時に咲く、「ヒメイチゲ』はまだの様です。

二晩続けて、峠でミニ音楽会。
最初の晩は、コンサートに出演します、清水さん。それに、協力しますTさん。リコーダー。バイオリン。オオボエのそれぞれの曲に峠の鹿たちが反応し競演。
今年も楽しみです。コンサートの楽器にバイオリン&オオボエも書き足さないと、、、もっと増えるかな?

次の晩は、尺八とケーナーの曲が峠に響く。
二晩続きの演奏に鹿たちは大喜びで、またも競演!