季節の便り

思いでの風景

2010年7月1日

思いでの風景

今、全国の山域での植生が大きく変化しています。
地球の温暖化なのか地球の成長の過程なのか解りませんが、山の植物が増えた野生動物に食べられています。
そして、素晴らしいお花畑が消えています。

以前の丸川峠の今頃は写真の様な風景でした。
レンゲツツジ、ヤマツツヅ、ドウダンツツヅなどの花の香りが漂っていました。
特に、朝と夕方は香りが増して素晴らしかったです。
その頃、初めて丸川峠を登って来た方は「わ!きれい!」の声が峠に響いたものです。

また、戻って来てほしいあの頃です。

今、峠で鹿に食べられない様な方法を試みています。
(小さな範囲ですが、実験しています)
いまのところ大丈夫の様ですが、このまま続けば良いんですが。