季節の便り

雪解け水と「絶景百名山大菩薩」

2011年2月20日

雪解け水と「絶景百名山大菩薩」

2/18、峠に雪解け水が集まって、さあ大変!
登山道の水を含んだ重い雪をシャベルで掘り起こす。
雪解け水がゆっくりと流れ始めた。
雪解け水で雪も流れる頃は、まるで沢の様な勢いで音を出して流れ始めた。
大汗を流しての作業が終わる頃には、山小屋が日陰になり、一方では凍り始めました。
昨日、今日で雪解け水がはけてホッとしました。
今日現在で、峠で12センチの積雪です。

だいぶ前でしたが、今回の3倍以上の雪解け水が出て必死で作業をした事を思い出しました。

作業の後、ストーブの温かさとコーヒー。
BSフジ「絶景百名山大菩薩」のDVDを見ました。
友人が過日のTV放映を録画し「早く見たいでしょう」
と、届けてくれました。
TV見たと友人、知人、常連、兄弟、峠を通る登山者の皆さんからの情報がいっぱい入り想像していましたがまさに、皆さんが話して頂いた通りの素晴らしい映像でした。
取材スタッフの皆さんは本当にたいへんだったんですよ。
スタッフの皆さんご苦労様でした。
取材に協力して頂いた常連の皆さんありがとうございました。
案内の倉持さん、煎豆屋の小田切さんありがとうございました。
取材中に、山小屋でコーヒーを飲みに入られた皆さんビックリさせてごめんなさい。
TVカメラが待ち構えていてビックリした事でしょう。
いっぱい、いっぱい映像を映していました。
時間の制限があって断腸の思いでカットしたのが多くあった事でしょう。

皆さん!あの映像に、幸せの☆がありましたが!
気がつきましたか?
その星の名は「カノープス」
その星を見た人は幸せになるんだそうです。
映像の「カノープス」を見つけ方に良い事あります様に?