季節の便り

雪かき

2005年2月8日

雪かき

先週、晴れがつづいていましたが風が強く吹いたため雪の吹きだまりがあっちこっちに出来ました。
山小屋のまわりも大汗かいての雪かきも最初からやり直しとなりました、2/5M山の会の皆さんが山小屋で一息入れて元気に大菩薩嶺と登っていったのですが、登りのラッセルは大変だったらしくUターンしてきて裂石へ下って行きました。
午後、大菩薩嶺を一人の登山者が下って行きました。

2/6は4人の登山者が下ってきてからは何人か通り大菩薩嶺からの道は開きました。
所々、木々の少ない谷からの吹き上げで雪も吹きだまり雪が多かったそうです。

山小屋の雪かきはトイレに行く方を優先、まわりを終わる頃に腰が痛くなり山小屋前は次回としました。

新潟では記録的な大雪、地震災害と重なって雪かき大変な様子がラジオがら流れています。山小屋の雪かきの何十倍の大変さなのでしょうね。
今頃の季節に来る新潟の皆さんどうしているでしょうか?
教えて頂いたユズミソは寒風にさらしています。
新潟地方に特別の温かい春風が早く吹きますように祈りたい思いです。

写真は再び埋まった登山道です。