季節の便り

ヤナギランの新芽

2013年5月13日

ヤナギランの新芽

三年前に思いがけない所から、ヤナギランの新芽を見つけて無事咲いてほしいと願ったのですが、シカはその新芽を見逃さず残念な思いをしました。
風よけの囲みの中には、保護された形のヤナギランがわずかありましたが、日当りの関係か、何かの関係で花が咲かないでいます。

昨年、保護の為の網を三カ所にもうけました。
それと供に、ヤナギラン復活を願う有志でタネから苗を作ろうと試みて、少しですが発芽を成功させ保護網で囲んだヤナギランと共に期待しました。
あと少しで咲くかな?というところまでいったと思うのですが花を見る事は出来ませんでした。
そして、今年にヤナギランの新芽がふえて顔を出しました。
シカからの自己防衛でミニチヤ化と来る時を待つ様にジッとしていたのが「これで安心して花を咲かせる」と思ったのでしょう。
もう一つの保護網の中では、今迄こんなにも我慢していたのか~
と、思う位にど~んと新芽を出したのがあります。
もっと早く対応していればと反省しています。
今年こそヤナギランの花が咲いてほしいです。

以前の様に、山小屋のまわりに「ヤナギラン、いいいっぱ~い」
になればと思います。