季節の便り

肥松の器

2013年10月29日

肥松の器

「肥松の良いのがあったよ。使う?」と材料を持って来ました。
肥松とは松の木に松脂が多く含んでいるものをいいます。
Aさんが持って来たのはビッシリ松脂が入った松の材でした。
こんなにビッシリなのは初めて見ました。

いろいろと作るものを思いめぐらしたのですが、常に使えてコハク色になってほしいので、応用できる「器」
にしました。
太陽の光にかざしますと、奇麗な光を見る事が出来ました。