季節の便り

雪堀に汗

2014年3月12日

雪堀に汗

今朝、荷揚げの後にまた雪堀に精を出しました。
山小屋前は雪堀が進み少しづつ広くなってきています。

雪堀後の雪は捨てる場所がありませんので積み上げとなり手間がかかります。
今日の暖かな日差しで少しは減ってるかな?
朝の登りでは、雪が硬く道具をつける必要はなくいつもより早く山小屋に着きました。
帰りの下る時間に、雪質がザラメ状に変わりましたが、道具もつけずズルズルスベリで無積雪と同じ時間で下る事が出来ました。

弥生三月、雪質は天候、気温、風等によって変化しますのでご用心ください。