季節の便り

デジカメとスコープ。

2005年6月21日

デジカメとスコープ。

写真を見て、なんだかわかりますか?
スコープにつないぎデジカメで撮した山ツツジです。
まる窓から覗いた様に写っていますが、全面画像にすることも出来ます。

先月、奥多摩野鳥の会の皆さんが峠に来たときのことでした。

クイに止まったモズ?ウソ?(どちらだったかわすれました)を素早く見つけてスコープをセットしました皆さん。その素早さは流石!野鳥の会と関心していますと、一人の方が何とデジカメをスコープとドッキング。

アダプターがないのにデジカメの液晶画面にクッキリ写っているではありませんか。
それは、ご自分で工夫したアダプターでした。もちろん作り方を教えて頂きました。

それから、自分の持っているデジカメとスコープをつなぐアダプター探しが始まりました。
何気なく手にしたのがピッタリ合い今回の撮影となりました。

今はデジカメとスコープをつなぐ立派なアダプターは市販されています。

今回は自分で作る事にしました。部品代500円以内で完成と思います。
三脚にセットして使います。もちろん簡単なもので、撮影には工夫が必要ですが楽しみながらシャッターを切りたいと思います。

デジカメの利点を感じるのはこの頃になってです。

山小屋のHPを開かなかったらまだまだデジカメを手にしていなかったことでしょう。
初めてデジカメを手にしたのは、なべしきさんから「使って見て下さい」と貸していただき、しばらくそのデジカメを使ってHPへの画像を撮り続けていました。
便利なデジカメに感じ入り、今は自分のがほしくなり購入して使っています。

効率の良い使い方をご指導頂いたなべしきさんにはこころから感謝して、風景、花など様々にカメラを向けて、、、それと山小屋アルバムにと(うまく撮れているでしょうか?)少しでも上手くなりたいとシャッターをきっているこの頃です。

あ!そうでした。峠の花情報の事、忘れていました。ごめんなさい。

峠はトウゴクミツバツツジの花が散り、山ツツジ。ドウダンツツジ、サラサドウダンツツジ、レンゲツツジが見事に咲いていますが、、、、、残念なことは、レンゲツツジは以前の花数からするとだいぶ少ないです。
それは、シカにより花芽や新芽が食べられているんです。
人も食生活が変わるように、シカの食生活も変わって来たと思う事がいくつかあります。

12日の三窪ウォークの時にシカが多くの皆さんが見ている目の前で、ツツジの花芽、新芽をバリバリ食べていました。

レンゲツツジが以前の様であれば、花の香り漂う峠になっているのですがレンゲツツジの分、他のツツジは綺麗に咲いていますよ。